ちゃのこらむNO.3「急須って何が違うの?」

こんにちは。たかこです。

今回のこらむのテーマは「急須って何が違うの?」かです。

お店に行くとたくさん並んでいる急須。

かわいいと思っても、はたして見た目だけで選んでよいものか…

と悩んだ経験もあるかと思います。


今回は一番大きな違いである「取っ手の位置」をご紹介


日本茶で主流なのは 横手型

片手で収まりが良く、最後の一滴まで振り切るように使うことができます


ですが、お茶は茶葉によって使用する湯の適温が異なります

高温でいれる”ほうじ茶”などは取っ手が熱くなるので 上手型


”玉露”など上級煎茶は触れてもやけどをしないほどの低温が適温なので

取っ手のない「宝瓶」という茶器が最適

濃厚な一滴を味わえる高級茶器にございます


後ろ手型 は中国茶や紅茶に適していますが

収納もしやすくかわいらしいデザインが多いのが特徴


まだまだ奥の深い急須ですが

軽さ・大きさなど自分の手におさまりが良く

心地よく茶を注げるものを

感覚で選ぶのも大切なポイントのひとつです

0コメント

  • 1000 / 1000