2019.2.21 @チックロコネッソ 鴨肉パーティレポート

鴨肉をイタリアンで食べ尽くす
〜第二回Meat Therapy〜
2019年2月21日
19:00〜
〒2330001 横浜市港南区上大岡東2-2-20 アークスビル1F

こんにちは(^^)
今回のきまま茶ろんは、イタリアンレストランでの鴨肉パーティに呼んでいただき水出しの食前茶を振舞いました
当パーティの主催は土屋浩子さん。関内フューチャーセンターさんのつながりで知り合いに。とても知人の多い方で、鴨肉も土屋さんのお知り合いの農家さんが育てた山形県のブランド鴨肉最上鴨。ムネ肉だけではなく「もも、ハツ、レバー」も味わえて贅沢なパーティでした!
場所は上大岡で人気の本格イタリアンレストラン「トラットリアチックロコネッソ」を貸切です。

グラスには今日のお茶の品種を書いたリーフを一つずつ付けテーブルに先にお配りしました。

お茶を見て、みなさんから「これ食前酒?」という質問が。「いえ、食前茶!です(^^)」


お酒のある場で日本茶を飲む印象があまりない方も多いと思います。
しかし、今回は食前にお茶を飲んでいただき、口の中、心と身体もリフレッシュしてから美味しい鴨肉を召し上がっていただく企画(^^)
初めは、僭越ながら乾杯の音頭をとらせていただきました。
食前茶を持ってみんなでカンパーイ!ではなく、チャンパーイ!

本日のお茶ひとつめは、鎌倉倶楽部茶寮の“川根みらい”という茶葉。静岡県の川根で栽培されていて、さわやかな甘みとクリアな水色。そして、ほのかに桜の香りがするめずらしい煎茶です。
茶葉をテーブルごとにお渡しして香りと味を楽しんでもらいました。
茶葉を食べることは日頃はないと思いますが、カリカリしていて意外にも美味しいのです。口の中に含んでいると鼻から優しい茶の香りが抜けてきます。

そして、お茶は口の中で“転がす”ように。
「あー!するする!(桜の味が)」
食事の前に、じっくりと日本茶を味わっていただきました
舌の上、下、前、奥。。それぞれに味覚が違うので全体に行き渡るように味わうといつも感じていなかった味の深みがでます。

この後は、思い思いの時間を過ごしていただき、お食事にお酒に。。

と思っていたら、みなさん順々に2杯目のお茶を飲みにいらしてくださいました(o^^o)

「日本茶大好きなんですー!」
「お酒飲めなくていつもウーロン茶だけど、こんなに美味しいお茶が飲めて嬉しい!」
「お茶がこんなに美味しいって知らなかった!」

本当に嬉しい感想の数々をいただきました。
やっててよかったぁ!

ふたつめのお茶も大好評で
伊勢佐木町にある老舗川本屋茶舗さんの“備長炭火入れ”の茶葉。
静岡県足久保のお茶で、味にコクがあり飲んだ後に火入れの香ばしさを感じる味わい深いお茶。

どちらも、持参したお茶は全て飲んでいただけて大盛況でした。

お酒の場でも、日本茶の需要がある!今回は挑戦であり発見がたくさんありました。
まだまだ日本茶の可能性は無限大!

これからもがんばります(^^)

土屋さん、幹事の皆さま、ご参加のみなさん、チックロコネッソのみなさま、ありがとうございました。

0コメント

  • 1000 / 1000