マレーシアのお茶

世界のお茶まつりで出会った、個性的なお茶の数々。。

今回は【マレーシア】のお茶

紹介されていたのは
「テタレ」
紅茶とコンデンスミルクを混ぜたミルクティーでした。

「テ」=紅茶
「タレ」=引く

という意味で、ポットとカップを1メートルほど離して高いところから紅茶を注いで泡立てて飲みます。

甘い味がマレーシアの辛い料理にとても合うため、どこのお店でも大抵販売されているそうです。

なんとね。

その入れ方が特徴的なので、
入れ方を競う「テタレ大会」なるものが開催されているんですってー。

へ〜。

日本茶も、入れ方大会みたいなの?面白いかな?
考えただけで緊張するなー

0コメント

  • 1000 / 1000